マッチングアプリ

マッチングアプリは危ない?実際に出会うまでのテクニック

「マッチングアプリって本当に写真の人が来るのか不安」「初めて会うときはどうすれば良いの?」など、実際に出会うとなると色々な不安が頭を過るかもしれません。

マッチングアプリは、恋活・婚活・遊び目的でも大活躍なツールなので進んで利用してたくさんの人と出会いを持ちましょう。

しかし中には「危険」なこともあります。

なのでこの記事では、マッチングアプリの危険性の有無や初めて出会うまでのテクニックをご紹介し、みなさんにマッチングアプリの良さを伝えていければと思います。

マッチングアプリは危ない?実際に出会うまでのテクニック

マッチングアプリを初めて利用する人は、必ず”マッチングアプリは本当に危なくないのか?”と不安に感じるはずです。

私も初めてマッチングアプリで出会うときは、「本当に写真の女の子が来るのか?」「変な男が来たりしないか?」など相手と対面するまではドキドキが止まりませんでした。

しかし実際出会ってみるとそんな不安は全くなくなり自然な形でデートすることができました。

私のマッチングアプリへの先入観が不安を煽ってしまっていただけだと思い知りましたね。

ここからはマッチングアプリの危険性について解説していきます。

マッチングアプリで出会うまでの2つの危険性

⚫︎本当に写真の相手なのか?

⚫︎サクラや勧誘目的

1−1、本当に写真の相手なのか?

マッチングアプリを利用したことのある人は必ずと言っていいほど写真の相手は本物なのか?と考えたことがあると思います。

正直私はマッチングアプリをやり始めの頃に、「写真とは全く別人だろ!」ツッコミを入れたくなる人と何度か出会いました。

最近では写真が本物だとしても、プリクラや加工アプリで修正をしているパターンが多くみられます。

プリクラや加工アプリ写真の注意点

⚫︎顔の大きさ・顎のラインを細くしている可能性

⚫︎遠近法で小柄に見せている可能性

⚫︎肌トラブルの修正の可能性

プリクラや加工アプリで写真を修正していれば、不自然な顔の作りをしていたり、異常に顔が小さかったり肌が白すぎたりと違和感を感じるハズです。

そういった写真は大抵綺麗でかわいい人ですが、実際に会う人が本人でなければ意味がありません。

ここで写真が本人かどうか見分けるポイントは1つです。

写真がプリクラや加工アプリのものしかない

上記のことさえ気にかけていれば本人かどうかがわかります。

⚫︎人物写真が1枚もない ※最低でも人物写真は2枚以上必要

⚫︎プリクラや加工アプリ写真しかない

そもそもですが、人物写真がない場合は対象外とします。

そして人物写真は最低でも2枚以上は欲しいですね。

2枚以上あれば写真同士を比較することが出来るので、大きな判断材料となります。

1−2、サクラや勧誘目的の危険性

マッチングアプリで一番危ないと感じるとすれば「サクラ」や「勧誘」目的の利用者との遭遇です。

彼らとメールのやりとりをしても時間の無駄ですし、ネットワークビジネスに勧誘されて色々な商品を買わされるハメになる可能性もあります。

サクラ目的の傾向(女性パターン)

綺麗な女性とライン交換に成功し、数日たつと「私ブログやってるんけど、どんな記事が良かったか教えてくれない?」と連絡がきてブログのURLが添付されていました。

このようなパターンは99%業者です。

女の子のフリをしたサクラ業者が報酬目的でブログへ誘導し、利益を得ようとしています。

冷静に考えれば、このよう出会いを求める場所でブログの紹介って変ですよね。

本当にブログをやっているのであっても、ラインを交換してすぐにブログへ誘導するのであればアクセス目的の可能性があるので、そのような人とは良い出会いは訪れないでしょう。

勧誘目的の傾向(男性パターン)

イケメン男性とマッチングしたが、夢ばかりを語ってきてなんか胡散臭い。

具体的には
・夢を語る
・楽しく稼がないと人生が勿体無い
・人生が大きく変わった
とよく語ってくる。

このようなパターンは99%ネットワークビジネスの勧誘です。

ネットワークビジネスをやっている人の特徴としては、

夢や将来の話をするのが好き
今の生活で満足しているのかを聞いてくる
SNSに大人数での写真をアップしている

このような話をして囲い込みをする人もいるので、上記のことはしっかりと頭にいれて注意することでかなり予防することができます。

出会うまでの誘い方3つのテクニック

連絡先は交換できたけど、「どのタイミングでデートに誘えば良いのか?」「どこでデートすれば良いのか?」「どうやってダートを切り出せば良いのか?」と思う人もいるでしょう。

ここからはそんなあなたに“誘うタイミング”・“デート先”・“誘い方”をご紹介していきます。

2−1、誘うタイミングはメールのやり取りから「1週間後」

デートに誘うタイミングで悩む人はたくさんいると思います。

女性は、真剣な恋活・婚活してる人ほど男性がヤリモクなのではないかと警戒します。

男性は、本当に写真の女性が本人なのかと疑ってきます。

このことを解決するには、相手に“誠実な対応”を心がけることです。

みんな早くデートに誘いたし会いたいと思う気持ちがありますが、ここはまずは我慢です。

ある程度メッセージを交換した上で、信頼関係を構築できてからデートに誘うようにしてください。

その目安が「1週間」です。

毎日連絡を続けていることが前提ですが、連絡を取り始めてデートに誘うまでに期間が長すぎると相手が興味をなくしてしまう可能性もあるので目安として「1週間」経過したら誘ってみてください。

2−2、デート先は相手の興味のあるスポットへ

デート先として間違いないのは、“ランチの時間帯にレストランやカフェ”です。

ランチの時間帯やカフェは、以下の理由から女性からのOKが出やすい傾向にあります。

ランチの時間帯であれば明るいので警戒心がやわらぐ

オープンスペースなので安心感がある

相手とマッチしなくても単時間で切り上げることができる

初めての相手と会うときは、上記の理由から「ランチの時間帯にカフェでデート」がオススメです。

居酒屋や相手の興味がある場所には、2回目以降のデートで行くとしてまずはお互いを知るという意味でも“落ち着いたスペースで安心して会話ができる場所”を選ぶことが大切です。

2−3、上手なデートの誘い方は「焦らず誠実に謙虚な気持ち」

では具体的にどのようにしてデートに誘えま良いのか例をあげてご紹介します。

○○さんと話しているととても楽しいです♪もし時間があればカフェでランチしながらゆっくり話しませんか?
○○さんはパスタ好きですか?○○にチーズがたくさん乗ってるパスタ屋さんがあるんですけど一緒にそうですか?

上記のようにまずは明るい時間帯のオープンスペースでのデートの打診をしましょう。

ここからは考えられる女性の返信パターンは以下のつです。

OKパターン

見事に女性からデートOKをもらえれば、あとは待ち合わせの日程決めだけです。

ありがとうございます!○○さんと話すの楽しみです!それでは9/7(土)か9/8(日)の12時くらいはお時間ありますか?

まずはデートOKをもらったお礼とあなたと会える嬉しさを伝えましょう。

しっかりとお礼をすることで誠実な印象を与えることで警戒心を和らげてあげれば、問題なく会うことができます。

まだ早いパターン

まだお互いのことを知ってからにしようと断られてしまった場合は、まずは一歩引くことが大切です。

そうですよね、まだ○○さんの好きな食べ物とか趣味とか知らないですもんね!ちなみに食べ物はなにが好きですか?笑

一度デートに誘うまでに誘って断わられてしまったらまずは引くことが大切ですが、ただ一歩引くだけではNGです。

次にデートに誘う際の情報収集をチャンスを逃してはいけません。

まだお互いを知らないからNGということは、関係構築ができればOKということです。

今回デートを断れてしまっても会話の流れで

好きな食べ物

趣味

休日の過ごし方

を聞いておければ次にデートに誘う際に、今回情報収集できた場所を提案してあげれば、相手の警戒心は和らぎデートの確率を高めてくれるハズです。

予定があるパターン

今回デートに誘ったが予定が入っていて断れてしまった場合は、時間帯を変えてみたり曜日の選択肢を3つ4つ挙げてみましょう。

なかなか時間合わせるの難しそうですね。もしランチの時間帯が難しそうであれば、仕事終わりに翌日○○さんの仕事にさしつかえない程度に軽く飲みにいきませんか?

初めてのデートはなるべく明るい時間帯がオススメですが、お互いの予定が合わなければ時間帯を夜にして提案してみましょう。

「翌日の仕事にさしつかえない程度に」といった相手を思いやる言葉を添えてあげると、誠実な印象を与えられOKをもらえる可能性が高まります。

出会ったときの会話2つのテクニック

「デートまでこぎつけることができたが、当日なにを話せば良いのか?」と不安になる人もいると思います。

しかし全く不安がることはなく、これまであなたがメールしてきたことを言葉で直接会話すれば良いのです。

出会ったときの会話2つのテクニック

⚫︎会話ネタの5つの定番

⚫︎困ったときの会話ネタを準備

3−1、会話ネタの5つの定番

最初のデートでの会話ネタは、大きく以下の5つがあります。

趣味

仕事

好きな食べ物

いま興味のあるもの

休日の過ごし方

これらの会話ネタは、誰もが聞く定番ネタになるのでなにを話せば良いのか不安な人は、ここから会話を広げられるように事前に考えておくことをオススメします。

3−2、困ったときの会話ネタを準備

初めてのデートで一番やってはいけないことが「沈黙」です。

会話が続かなかったり、なにを話せば良いかわからず沈黙してしまっては、せっかくデートまで来れたのにあなたの印象を悪くしてしまいます。

そのためにも会話に困ったときのために、事前に会話ネタを準備しておきましょう。

会話ネタの定番として上記に書いた“趣味”や“休日の過ごし方”も準備しておくにこしたことはありませんが、会話に困った時にはすでにこの会話ネタは話し済みの可能性大です。

ではどうするかというと、まずは相手に興味を持ってもらえるネタ探しをしましょう。

相手のプロフィールから「参加コミュニティー」を確認

「参加コミュニティー」は、相手の興味のあるものになるためそこから事前に会話ネタを探しましょう。

参加コミュニティー:「肉好き女子」「猫より犬派」「旅行大好き人間」

「肉好き女子」→“五反田にある○○っていうハンバーグ屋さん行ったことある?ハンバーグとステーキのセットでお肉が新鮮だからすごいレアで食べられてすごい美味しいんだよね!”

「猫より犬派」→“犬ってすごいなついてきてかわいいよね。特にポメラニアンが好きなんだけど○○さんは何犬が好き?”

「旅行大好き人間」→“国内問わず海外も行ったりしてるの?今度の長期休みに海外行ってみようと思ってるんだけどオススメの国教えてくれませんか?”

サクラや勧誘などの見分け方のテクニック

マッチングアプリでは恋活・婚活など積極的に行動することはとても大切です。

しかし中には、“サクラ”や“勧誘”などを目的とした人もいるので十分注意してください。

まずはサクラや勧誘目的の人の具体例をご紹介します。

サクラを見分けるテクニック

このような場合は、99%の確率で“サクラ”です。

ラインからブログへ誘導して、そこから報酬を得ようとしているのでこのような場合は写真がいくら可愛くてもきっぱりと諦めましょう。

いくらやり取りを続けたとしても出会える可能性はほぼゼロです。

勧誘を見分けるテクニック

このような場合は、99%の確率でサクラです。

現状に不満を持っている若者が狙われることが多いので、十分注意が必要です。

高確率な出会い!オススメマッチングアプリ3選

これまでマッチングアプリが危ないと思い利用してこなかった人やなかなか出会いが持てなかった人は、まずは以下のオススメマッチングアプリを利用してください。

高確率な出会いオススメマッチングアプリ

⚫︎幅広い世代が利用している圧倒的NO,1『ペアーズ』

⚫︎相性診断でマッチング率UP『With』

⚫︎安心の大手企業が運営『ゼクシィ縁結び』

5−1、幅広い世代が利用している圧倒的NO,1『Pairs(ペアーズ)』

「Pairs(ペアーズ)」は断トツの会員登録者数を誇るマッチングアプリです。

そのため美女も多く利用しているので、誰にでも美女とデート出来る可能性があります。

しかし「東カレデート」のように美女揃いというわけではなく、男性利用者も多いので、何かしらの対策をたてないと美女とのデートは難しいかもしれません。

Pairs(ぺアーズ)会員の特徴

「Pairs(ペアーズ)」の会員登録者数は、他のマッチングアプリと比べても圧倒的な1,000万人です。

これだけの登録者がいれば美女の利用者もたくさんいるので、出会う確率が大きく上がります。

美女は美女でも「かわいい系」「ゆるふわ系」「綺麗系」など幅広い美女がいるので、あなたにあった人を探すことが可能です。

Pairs(ペアーズ)の基本データ

運営会社 株式会社エウレカ
登録者数 約1,000万人
料金 3,480円〜
その他 電話番号・Facebookアカウントで登録可能

 

5−2、相性診断でマッチング率UP『With』

「With」は、最近人気急上昇しているあの有名なメンタリストDaiGoさん監修のマッチングアプリです。

他のマッチングアプリとは違い、性格分析からマッチングする新しいタイプなのでメッセージも続きやすく出会いやすいアプリです。

With会員の特徴

男女ともに20代が多く登録していて平均年齢層が若いです。

女性もギャル系というよりは落ちついている雰囲気の人が多いです。

男性もエッチ目的というよりかは真剣に出会いを探している人が多いようです。

Withの基本データ

運営会社 株式会社イグニス
登録者数 約60万人
料金 3,400円(1ヶ月プラン)
その他 Facebookのアカウントが必要

 

5−3、安心の大手企業が運営『ゼクシィ縁結び』

「ゼクシィ縁結び」は、安心のリクルートが運営しているゼクシィブランドです。

このゼクシィブランドということで今女性の登録者数が増えてきており、安心して利用出来ると話題になっています。

ゼクシィ縁結び会員の特徴

女性は30代前半の利用者が多く、ゼクシィブランドということもあり真剣な婚活を求めてる人が大半です。

ゼクシィ縁結びでは、25秒に1人オンライン上での出会いを実現しているため、自分にあった相手を幅広く見つけることが出来ます。

ゼクシィ縁結びの基本データ

運営会社 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
登録者数 約34万人
料金 4,298円/4,900円(クレジット/AppleIDなど)1ヶ月プラン
その他 電話番号かFacebookのアカウントで登録可能

 

まとめ

今回の記事ではマッチングアプリは危ないのか?実際に出会えるまでのテクニックをご紹介してきましたがいかがでしたか?

昔はマッチングアプリといえば危ないといった流れがあったかもしれませんが、現在ではそんなことはないので安心してマッチングアプリを利用してみてください。

⚫︎マッチングアプリは危ない?実際に出会うまでのテクニック

⚫︎出会うまでの誘い方3つのテクニック

⚫︎出会ったときの会話2つのテクニック

⚫︎サクラや勧誘などの見分け方のテクニック

⚫︎高確率な出会い!オススメマッチングアプリ3選

今回の記事では上記のご紹介をしてきました。

最後まで読んで「マッチングアプリは危ないのか?」「出会うまでのテクニックは?」などを理解してもらえれば、今まで以上に高確率な出会いがあなたの元に訪れます。

恋愛マッチングアプリで、あなたに素敵な出会いが訪れることを心より願っています。